コラフル | 北海道のパパママ情報交換サイト

コラフル利用規約

北海道放送株式会社(以下「当社」といいます)が提供するサービス「コラフル」の利用条件を定めています。ユーザーは、コラフルを利用するにあたり、本規約の全ての内容について同意したものとみなされます。本規約の他、プライバシーポリシー等が付加される場合があります。ご利用の際にご確認ください。

なお、コラフル及びその一部機能については、株式会社Asobica(以下「Asobica」といいます)、その他の第三者のサービス(以下「第三者サービス」といいます)を利用して提供することがあります。本規約に同意することにより、ユーザーはAsobicaが別途定める「Coorum利用規約」に同意したものとみなされます。

1.(利用規約の適用)

1.本規約の内容は、利用者と当社との「コラフル」の利用に関する契約(以下、「本サービス利用契約」といいます)に適用されます。
2.個別条件と本規約が矛盾する場合、個別条件の内容が優先して適用されます。
3.当社は、必要に応じて本規約を変更する場合があります。この場合、変更後の利用規約が利用者と当社の間の本サービス利用契約に適用されます。

2. (用語の定義)

本規約において使用する用語の意義は、次の各号の定めるとおりとします。

1.「本サービス」:当社が運営するサービスであるコラフルをいいます。
2.「利用者」:本サービスを利用する全ての個人や企業、団体を対象とします。
3.「利用者登録」:本サービスを利用するために必要な登録をいいます。
4.「コンテンツ」:データ、文書、ソフトウェア、画像、文字、音等その他一切の情報をいいます。
5.「利用者情報」:氏名若しくは名称、住所、メールアドレス等、利用者が本サービスの利用者登録に際して又は本サービスの利用に際して当社に提供するすべての情報をいいます。

3. (本サービスの内容)

本サービスは、当社が運用するウェブサイトにおいて、他の利用者と情報の交換等の交流ができるサービスです。

4. (利用者登録)

1.本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、当社が定める方法により、利用者登録の申込を行うものとします。
2.当社は、登録の申込みを行った者が、以下の各号のいずれかの事由に該当すると判断する場合、登録及び再登録を拒否することができます。この場合、当社は、その理由について開示する義務を負いません。
1).当社に提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがある場合
2).反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行なっていると当社が判断した場合
3).登録希望者が過去に当社との契約に違反した者またはその関係者である場合
4).本規約に違反するおそれがある場合
5).その他、当社が適当ではないと判断した場合

3.登録希望者は、自身の情報として真実、正確かつ最新の情報を入力するものとします。
4.当社が利用者登録を完了した旨の通知を発信した時に、利用者登録は、完了します。
5.利用者は、登録した事項に変更がある場合、遅滞なく、北海道放送所定の方法により登録情報を修正するものとします。

5.(「コラフル」で収集する利用者情報)

1.当社は、株式会社リージョナルマーケティング(以下、「リージョナルマーケティング」といいます)に、「コラフル」の利用者情報の一部(以下の情報)を提供するものとします。
・北海道共通ポイントカード「EZOCA」カード番号
2.当社は、「コラフル」において、利用者のアクセス状況や「コラフル」の利用方法に関する情報その他の利用端末に蓄積される情報を収集する場合があり、以下の情報が含まれます。
・アクセスログ情報
・Cookie

6. (利用者情報等の取扱い)

1.当社は、本サービスに関する利用者情報(投稿内容を含む)の一部を、当社サービスの改善、新規サービスの開発、プロモーション等のため、リージョナルマーケティングに提供します
1)当社は、コラフルへのアクセスや投稿などで得たサイト内の独自ポイントを、北海道共通ポイントカード「EZOCA」のEZOポイントに交換する場合、「EZOCA」を運営するリージョナルマーケティングに、利用者のEZOCAカード番号を提供します。
2)当社がリージョナルマーケティングにEZOCAカード番号を提供する場合、利用者は第三者提供記録の開示及び第三者サービスへの提供停止を請求することができます。

2.当社は、利用者の利用履歴又は利用者情報等から統計データ(第三者を識別・特定できないように加工、集計、及び分析し、個人との結びつきを排除したもの)を作成し、当該統計デーをを当社サービスの改善、新規サービスの開発、プロモーション等に利用する場合があります。

7. (知的財産)

1.利用者が本サービスにおいて入力したコンテンツ(以下「入力コンテンツ」といいます)が著作物に該当する場合、著作物に関する著作権は、当該利用者に帰属します。よって、他のユーザーは権利者の許諾を得ないまま、複製・頒布・送信・譲渡・貸与・翻訳・翻案・再使用等を行うことはできません。
但し、当社に対しては、本サービスの活性化と利用者の利便性向上の目的で、掲載情報を無償で非独占的に使用する権利を許諾したものとみなします。
2.当社が、利用者の投稿内容を、プロモーション目的で第三者に開示する場合、個人を特定できないようにするため、投稿内容を編集する場合があります。利用者は当該掲載情報について、著作者人格権を行使しないものとします。

8. (利用者の義務)

利用者は、本規約および導入企業が導入企業のウェブサイトに掲げる利用条件等に従って、本サービスを利用する義務を負います。

9. (禁止行為)

利用者は、以下の各号の行為、これらを助長する行為、又は各号に該当するおそれのある行為を行ってはなりません。
1.当社、又は他のお客様、第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉権その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起し、又は惹起するおそれのある行為を含みます。)
2.犯罪予告、犯罪の指南等、犯罪を引き起こし、又は助長するおそれのある行為、その他犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
3.わいせつ又は残虐な情報を投稿する行為
4.コンピューター・ウィルス、その他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
5.不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪に該当する行為をはじめ、当社、又は他のお客様のコンピューターに対して不正な操作を行う行為
6.迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、北海道放送や利用者、又は第三者に精神的被害・経済的被害を与える可能性のある行為
7.他者になりますまして、本サービスを利用する行為(単一アカウントから同時ログインをし、複数人でサービスを利用する場合も含む)
8.ロボットその他のデータマイニング、データ収集ツールを用いる行為、又は自動か手動かを問わず、当社の事前の書面による承諾を得ることなく、本サービス上のコンテンツ又はデータを収集し又は複製する行為
9.当社の事前の書面による承諾を得ることなく、他のお客様の情報その他データベース上の情報、本サービスに掲載された情報を取得することを目的とする一切の行為
10.風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定される営業、若しくはこれらに類似する業種の営業、又は当該営業に関する情報を第三者に対し、閲覧させる、若しくは発信する行為
11.本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為
12.本サービスに関するサーバーに負担をかける行為、又は本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為
13.リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等本サービスを解析する行為
14.ネットワークまたはシステム等に不正にアクセスし、または不正なアクセスを試みる行為
15.当社による本サービスの運営を妨害するおそれがある行為
16.当社が営む事業(本サービスに係る事業を含みますが、これに限られません。)と同一又は類似の事業を営み、又はその準備をする行為
17.その他、当社が不適切と判断する行為

10. (違反行為等への対応措置)

1.Asobicaは、当社からの要請がある場合、または法令により必要がある場合、違反行為への対応措置をとります。
2.前項の場合、当社は、利用者が本規約に違反し、又は違反しているおそれがある場合、予告なく、当該利用者に対し、以下の措置を講ずることができます。
1).利用者に対し、是正を求めること
2).利用者により送信されたコンテンツの削除その他の方法により、当社が違反状態を是正すること
3).利用者による本サービスの利用を停止すること
4).登録の抹消・本サービス利用契約の解除をすること

3.当社は、法令上義務付けられる場合を除き、前項の措置を講ずる義務を負うものではありません。
4.第三者による違反行為があり、利用者がAsobicaによる対応措置を求める場合には、利用者は、北海道放送に対し、対応措置をAsobicaに要請するように求めることができます。利用者からAsobicaに対して直接に違反行為等を通報する場合も、当社からの要請がない限り、Asobicaは対応できないことがあります。
5.違反行為への対応措置は、当社の責任で決定するものであり、Asobicaは、当社の決定に従います。Asobicaは、いかなる場合であっても、利用者に対し、対応措置に関する責任を負いません。

11. (保証の否認・免責)

1.当社は以下の事項について保証しません。
1).本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること
2).本サービスで閲覧できる情報が真実性、最新性、確実性、完全性、適法性を有すること
3).本サービスに不具合が生じないこと
4).本サービスの利用が特定の業界団体に適用がある法令又は内部規則に違反しないこと

2.当社は、本サービスの利用の停止、中断、変更等により利用者に損害が生じた場合、何らの責任を負いません。
3.当社は、利用者が送信したコンテンツの消滅、棄損、改ざん等が生じた場合、何らの責任を負いません。
4.当社は、本サービスを現状有姿のまま提供するものとし、第三者の知的財産権及びその他の権利の非侵害性、商品性、完全性、有用性及び特定の目的に対する適合性を含め、明示又は黙示を問わず一切保証しません。北海道放送は、万一本サービスに瑕疵があることが判明した場合、その修正に努めますが本サービスの瑕疵に起因して利用者に発生した損害について、一切責任を負わないものとします。
5.当社は、利用者と他の利用者その他の第三者との間で生じた一切の紛争その他の問題について、一切関与せず、何らの責任を負いません。当社が当該問題にやむを得ず対応した場合、利用者は、北海道放送に対し、当社が負担した費用(合理的な弁護士費用を含みます)その他の損害の一切を補償するものとします。
6.当社が損害賠償責任を負う場合であっても、当社は、当該利用者が直接かつ現実に被った損害に限り、損害賠償責任を負うものとし、損害の可能性について当社に告知されているか否かを問わず、特別な事情から生じた損害等について責任を負いません。

12. (本サービスの停止・変更・終了)

1.当社は、本サービスの点検、事故、その他の必要がある場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。
2.当社は、自らの判断で、本サービスの内容を変更する場合があります。
3.当社は、本条に基づき行った措置によって利用者に生じた損害その他の不利益について一切の責任を負いません。

13. (権利義務等の譲渡)

利用者は、本規約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、又は担保に供してはならないものとします。

14. (秘密保持)

利用者は、本サービスに関連して当社が利用者に対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社との事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとし、第三者に開示することはできないものとします。

15. (本規約の変更)

1.当社は、必要に応じて本規約を変更することができます。
2.本規約を変更する場合、当社は、利用者に対し、規約を変更する旨、変更後の規約および変更の効力発生時期を、当社のウェブサイト上の掲示、本サービス上の通知又は電子メールの送信によって公表又は通知します。変更後の規約は、公表又は通知により定められた効力発生時から適用されます。
3.前項にかかわらず、法令上、利用者から本規約の変更に関する同意を得る必要がある場合、当社は、利用者から同意を得て、本規約を変更します。

16. (連絡・通知)

1.本サービスに関する問い合わせその他利用者から当社に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社から利用者に対する連絡又は通知は、電子メールの送信又は本サービス上での通知その他当社が適当と判断する方法で行うものとします。
2.連絡又は通知の宛先は、利用者が当社に届け出た宛先とします。
3.当社が利用者から届出を受けた宛先に連絡又は通知した場合、連絡又は通知した時までに届出事項の変更手続きがされていない限り、当該連絡又は通知は、利用者に到達したものとみなします。

17. (分離可能性)

本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとし、無効とされる部分が必要最小限となるように読み替えて解釈するものとします。

18. (反社会的勢力の排除)

利用者は、次の各号に掲げる事項を保証します。
1.反社会的勢力等に該当しないこと
2.自らの関係者が、反社会的勢力等に該当しないこと
3.自らの関係者が、本サービス利用契約の履行にあたり、著しく粗野な又は乱暴な言動を用いて不当な要求を行わないこと
4.自らの関係者が、反社会的勢力等に対する資金提供その他の行為を行うことを通じて、意図して反社会的勢力等の維持又は運営に協力していないこと

19. (準拠法及び裁判管轄)

1.本規約は、日本法を準拠とし、解釈されるものとします。
2.当社及び利用者は、本規約に関する紛争又は本サービスの利用契約に関する紛争について札幌地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

 

制定日 2022年3月26日
改定日 2022年4月20日

利用規約

本利用規約には、株式会社Asobica(以下、「当社」といいます。)が提供するサービス「coorum」(以下「本サービス」といいます。)の提供条件、当社と本サービスの利用者との権利義務関係が定められています。本サービスの利用に際しては、本利用規約の全文をお読みいただいたうえで、本利用規約に同意していただく必要があります。

1.(利用規約の適用)

  1. 本利用規約(以下、「本規約」といいます。)の内容は、利用者と当社との本サービスの利用に関する契約(以下、「本サービス利用契約」といいます。)に適用されます。
  2. 利用者は、本規約及び当社サイトにおける説明などの当社が掲示する利用条件等(以下、「個別条件」といいます。)の定めに従って本サービスを利用しなければなりません。
  3. 個別条件と本規約が矛盾する場合、個別条件の内容が優先して適用されます。
  4. 当社は、当社の必要に応じて本規約を変更する場合があります。この場合、変更後の利用規約が利用者と当社の間の本サービス利用契約に適用されます。

2. (用語の定義)

本規約において使用する用語の意義は、次の各号の定めるとおりとします。

  1. 「本サービス」:当社が運営するサービスであるcoorumをいいます。
  2. 「利用者」:本サービスを利用する全ての方をいいます。
  3. 「利用者登録」:本サービスを利用するために必要な登録をいいます。
  4. 「コンテンツ」:データ、文書、ソフトウェア、画像、文字、音等その他一切の情報をいいます。
  5. 「利用者情報」:氏名若しくは名称、住所、メールアドレス等、利用者が本サービスの利用者登録に際して又は本サービスの利用に際して当社に提供するすべての情報をいいます。

3. (本サービスの内容)

本サービスは、本サービスを導入する企業(以下、「導入企業」といいます。)のウェブサイトにおいて、他の利用者または導入企業と情報の交換等の交流をすることができるサービスです。

4. (利用者登録)

  1. 本サービスの利用を希望する者は、本規約の内容に同意した上で、当社が定める方法により、利用者登録の申込を行うものとします。
  2. 当社は、登録の申込みを行った者が、以下の各号のいずれかの事由に該当すると判断する場合、登録及び再登録を拒否することができます。この場合、当社は、その理由について開示する義務を負いません。
    1. 当社に提供した登録事項の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがある場合
    2. 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、反社会的勢力、その他これに準ずる者を意味します。以下同じ)である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営若しくは経営に協力若しくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流若しくは関与を行なっていると当社が判断した場合
    3. 登録希望者が過去に当社との契約に違反した者またはその関係者である場合
    4. 本規約に違反するおそれがある場合
    5. その他当社が適当ではないと判断した場合
  3. 登録希望者は、自身の情報として真実、正確かつ最新の情報を入力しなければなりません。
  4. 当社が利用者登録を完了した旨の通知を発信した時に、利用者登録は、完了します。

5. (登録情報の変更)

利用者は、登録した事項に変更がある場合、遅滞なく、当社所定の方法により登録情報を修正しなければなりません。

6. (利用者情報等の取扱い)

当社は、本サービスに関する利用者情報を「coorumプライバシーポリシー 」に基づき、適切に取り扱います。 当社は、利用者の利用履歴又は利用者情報等から統計データ(個人を識別・特定できないように加工、集計、及び分析し、個人との結びつきを排除したもの)を作成し、当該統計データを利用する場合があります。

7. (コンテンツの著作権)

利用者が本サービスにおいて入力したコンテンツ(以下「入力コンテンツ」といいます)が著作物に該当する場合、著作物に関する著作権は、当該利用者に帰属します。

8. (利用者の義務)

利用者は、本規約および導入企業が導入企業のウェブサイトに掲げる利用条件等に従って、本サービスを利用しなければなりません。

9. (禁止行為)

利用者は、以下の各号の行為、これらを助長する行為、又は各号に該当するおそれのある行為を行ってはなりません。

  1. 当社、又は他のお客様、第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉権その他の権利又は利益を侵害する行為(かかる侵害を直接又は間接に惹起し、又は惹起するおそれのある行為を含みます。)
  2. 犯罪予告、犯罪の指南等、犯罪を引き起こし、又は助長するおそれのある行為、その他犯罪行為に関連する行為又は公序良俗に反する行為
  3. わいせつ又は残虐な情報を投稿する行為
  4. コンピューター・ウィルス、その他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
  5. 不正アクセス行為の禁止等に関する法律に違反する行為、電子計算機損壊等業務妨害罪に該当する行為をはじめ、当社、又は他のお客様のコンピューターに対して不正な操作を行う行為
  6. 迷惑行為、嫌がらせ行為、誹謗中傷行為、その他当社、又は他のお客様、第三者に精神的被害・経済的被害を与える可能性のある行為
  7. 他者になりますまして、本サービスを利用する行為(単一アカウントから同時ログインをし、複数人でサービスを利用する場合も含みます。)
  8. ロボットその他のデータマイニング、データ収集ツールを用いる行為、又は自動か手動かを問わず、当社の事前の書面による承諾を得ることなく、本サービス上のコンテンツ又はデータを収集し又は複製する行為
  9. 当社の事前の書面による承諾を得ることなく、他のお客様の情報その他データベース上の情報、本サービスに掲載された情報を取得することを目的とする一切の行為
  10. 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律に規定される営業、若しくはこれらに類似する業種の営業、又は当該営業に関する情報を第三者に対し、閲覧させる、若しくは発信する行為
  11. 本サービスに関し利用しうる情報を改ざんする行為
  12. 本サービスに関するサーバーに負担をかける行為、又は本サービスの運営やネットワーク・システムに支障を与える行為
  13. リバースエンジニアリング、逆アセンブル、逆コンパイル等本サービスを解析する行為
  14. ネットワークまたはシステム等に不正にアクセスし、または不正なアクセスを試みる行為
  15. 当社による本サービスの運営を妨害するおそれがある行為
  16. 当社又は当社が属する企業集団と同一の企業集団に属する他社が営む事業(本サービスに係る事業を含みますが、これに限られません。)と同一又は類似の事業を営み、又はその準備をする行為
  17. その他、当社が不適切と判断する行為

10. (違反行為等への対応措置)

  1. 当社は、導入企業からの要請がある場合、または法令により必要がある場合に、違反行為への対応措置をとります。
  2. 前項の場合、当社は、利用者が本規約に違反し、又は違反しているおそれがある場合、予告なく、当該利用者に対し、以下の措置を講ずることができます。
    1. 利用者に対し、是正を求めること
    2. 利用者により送信されたコンテンツの削除その他の方法により、当社が違反状態を是正すること
    3. 利用者による本サービスの利用を停止すること
    4. 登録の抹消・本サービス利用契約の解除をすること
  3. 当社は、法令上義務付けられる場合を除き、前項の措置を講ずる義務を負うものではありません。
  4. 第三者による違反行為があり、利用者が当社による対応措置を求める場合には、利用者は、導入企業に対し、対応措置を当社に要請するように求めなければなりません。利用者から当社に対して直接に違反行為等の通報がある場合であっても、導入企業からの要請がない限り、当社は、対応しかねます。
  5. 違反行為への対応措置は、導入企業の責任で決定するものであり、当社は、導入企業の決定に従います。当社は、いかなる場合であっても、利用者に対し、対応措置に関する責任を負いません。

11. (保証の否認・免責)

  1. 当社は以下の事項について保証しません。
    1. 本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること
    2. 本サービスで閲覧できる情報が真実性、最新性、確実性、完全性、適法性を有すること
    3. 本サービスに不具合が生じないこと
    4. 本サービスの利用が特定の業界団体に適用がある法令又は内部規則に違反しないこと
  2. 当社は、本サービスの利用の停止、中断、変更等により利用者に損害が生じた場合、何らの責任を負いません。
  3. 当社は、利用者が送信したコンテンツの消滅、棄損、改ざん等が生じた場合、何らの責任を負いません。
  4. 当社は、本サービスを現状有姿のまま提供するものとし、第三者の知的財産権及びその他の権利の非侵害性、商品性、完全性、有用性及び特定の目的に対する適合性を含め、明示又は黙示を問わず一切保証しません。当社は、万一本サービスに瑕疵があることが判明した場合、その修正に努めますが本サービスの瑕疵に起因して利用者に発生した損害について、一切責任を負わないものとします。
  5. 当社は、利用者と他の利用者その他の第三者との間で生じた一切の紛争その他の問題について、一切関与せず、何らの責任を負いません。当社が当該問題にやむを得ず対応した場合、利用者は、当社に対し、当社が負担した費用(合理的な弁護士費用を含みます)その他の損害の一切を補償するものとします。
  6. 当社が損害賠償責任を負う場合であっても、当社は、当該利用者が直接かつ現実に被った損害に限り、損害賠償責任を負うものとし、損害の可能性について当社に告知されているか否かを問わず、特別な事情から生じた損害等について責任を負いません。

12. (本サービスの停止・変更・終了)

  1. 当社は、本サービスの点検、事故、その他の必要がある場合には、利用者に事前に通知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を停止又は中断することができるものとします。
  2. 当社は、当社の判断で、本サービスの内容を変更する場合があります。
  3. 当社は、本条に基づき当社が行った措置によって利用者に生じた損害その他の不利益について一切の責任を負いません。

13. (権利義務等の譲渡)

  1. 利用者は、本規約上の地位に基づく一切の権利義務を、当社の事前の書面による承諾なく、第三者に譲渡もしくは貸与し、又は担保に供してはならないものとします。
  2. 当社は、本サービスに関する事業を事業譲渡、合併その他の事由により第三者に承継させる場合には、当該事業の承継に伴い、本規約上の地位、本規約に基づく権利、義務及び利用者の登録情報その他の情報を当該事業の承継人に譲渡することができるものとし、利用者は、かかる譲渡について本項において予め同意したものとします。

14. (秘密保持)

利用者は、本サービスに関連して当社が利用者に対して秘密に取り扱うことを求めて開示した非公知の情報について、当社の事前の書面による承諾がある場合を除き、秘密に取り扱うものとし、第三者に開示することはできないものとします。

15. (本規約の変更)

  1. 当社は、当社の必要に応じて本規約を変更することができます。
  2. 本規約を変更する場合、当社は、利用者に対し、規約を変更する旨、変更後の規約および変更の効力発生時期を、当社のウェブサイト上の掲示、本サービス上の通知又は電子メールの送信によって公表又は通知します。変更後の規約は、公表又は通知により定められた効力発生時から適用されます。
  3. 前項にかかわらず、法令上、利用者から本規約の変更に関する同意を得る必要がある場合、当社は、利用者から同意を得て、本規約を変更します。

16. (連絡・通知)

  1. 本サービスに関する問い合わせその他利用者から当社に対する連絡又は通知、及び本規約の変更に関する通知その他当社から利用者に対する連絡又は通知は、電子メールの送信又は本サービス上での通知その他当社が適当と判断する方法で行うものとします。
  2. 連絡又は通知の宛先は、利用者が当社に届出た宛先とします。
  3. 当社が利用者から届出を受けた宛先に連絡又は通知した場合、連絡又は通知した時までに届出事項の変更手続きがされていない限り、当該連絡又は通知は、利用者に到達したものとみなします。

17. (分離可能性)

本規約の規定の一部が法令に基づいて無効と判断されても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとし、無効とされる部分が必要最小限となるように読み替えて解釈するものとします。

18. (反社会的勢力の排除)

利用者は、次の各号に掲げる事項を保証します。

  1. 反社会的勢力等に該当しないこと
  2. 自らの関係者が、反社会的勢力等に該当しないこと
  3. 自らの関係者が、本サービス利用契約の履行にあたり、著しく粗野な又は乱暴な言動を用いて不当な要求を行わないこと
  4. 自らの関係者が、反社会的勢力等に対する資金提供その他の行為を行うことを通じて、意図して反社会的勢力等の維持又は運営に協力していないこと

19. (準拠法及び裁判管轄)

  1. 本規約は、日本法を準拠とし、解釈されるものとします。
  2. 当社及び利用者は、本規約に関する紛争又は本サービスの利用契約に関する紛争について東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

制定日 2019年3月26日